【必読!!】企業看護師の求人を見つけるために知っておきたいコト

企業看護師の求人は全体の5%くらい

企業看護師 求人は果たしてどのくらい出ているのでしょうか?企業看護師の募集は、病院やクリニックと比較すると数は少ないです。最近では企業で従業員の健康管理をするという風潮は、大企業を中心に高まってきているのは事実です。しかし一方で、一つの企業の募集が少ないのでどうしても相対の求人数となると少なくなってしまうのです。

 

イメージとしては、病院やクリニック、介護施設の求人数が1000あるのに対し、企業看護師の求人数は50程度しか出てこないと思ってください。しかも企業看護師は、基本的に土日や祝日が休みであるということ、夜勤がなく残業もほとんどないことから人気の求人となっています。このため企業看護師が出ると、多くの応募が殺到する傾向が見られます。

 

ですから、場合によってはなかなか転職先が決まらないという事態も十分考えられると思ってください。数多くのライバルを制して仕事を得るためにはキャリアの棚卸をして、どこが売りになるのかを考えてみるのはいかがですか?

 

企業看護師に転職したら待遇はどう変わる?

転職をするにあたって、どの程度の収入の稼げる求人なのかが気になる人はおそらくほとんどではないでしょうか?企業看護師の場合、企業によって給料が変わってきますが、一般の従業員と同じくらいの額になると思ってください。そう考えると、年収は400〜600万円といったところが相場になるでしょう。一般的な傾向として、大きな会社の方が給料などの待遇の良くなる傾向が見られます。

 

病院勤務をしている看護師の平均年収が400〜450万円くらいといわれています。病院勤務と比較しても、決して悪くない給料のはずです。しかも注目すべきは、企業看護師の給料が夜勤手当なしでもこれだけの金額になる所です。

 

たいてい夜勤のない所に転職すると、夜勤手当のつかない分給料は下がってしまう傾向が見られます。ところが企業看護師の場合、夜勤手当なしでも病院と同じくらいか、むしろ良くなる傾向が見られるわけです。夜勤をしなくてもいい、給料も上がるかもしれないということで注目されているわけです。